私の好きなものと、日々思うこと

動物とクラシック音楽と、コスメと読書が好きです。

私流写真写りを良くするコツ*最近行ったカフェ

こんにちは、いなみです。

 

夫と出かけた時などにスマホに自撮り棒を付けて写真を撮ったり、夫に写真を撮ってもらったりします。

そこまで写真写りを気にしていないつもりだったんですが、後から写真を見返して自分の写真写りが悪いと落ち込みます(笑)

 

元々の顔がそれなりなので仕方ないんですが、やっぱり女性としてはベストな状態で写真に写りたいと思うんですよね。

 

私なりの写真写りをよくする方法を書いてみます。

 

その前に…

f:id:inamililyflower:20191119193856j:image

ちょっと前の写真なんですが、私の地元のお気に入りの和風カフェのランチの写真を載せます(笑)

f:id:inamililyflower:20191208151321j:image

こっちは最近発見した東区のこじまりした素敵カフェ♡

 

 

 

・チークやリップで血色良く見せる

30代に入って多少なりとも顔色がくすんできたのと、元々の顔色も良くないので、チークやリップを塗っていないと顔色が悪く老けた印象に写ってしまうんです。メイクで血色良く見せるだけで全然写真写りが違います。

 

・笑顔を意識。

軽く微笑んだつもりでも、写真を見ると全然笑えてなくて顔が引き立ったりしています。ちょっと大げさなくらいの笑顔でちょうどいいです。

笑顔を作る時の私的なポイントは目尻を意識すること。笑顔を作る時に目頭に力を入れがちなんですが、それだとちょっと怖い笑顔になってしまいます。目尻を下げるイメージで笑顔を作ると自然な気がします。うまく笑顔を作れない時は口を開ける。口を開けると目も自然に笑顔になります。

 

キメ顔はしないです。自分のキメ顔を後から見るのが恥ずかしいし、自然な笑顔で写っていた方が写真を見返した時に「この時楽しかったなぁ」と思えるからです。

 

・太って見える服装をしない

写真の角度で太って見える時もあるんですが、基本的に太って見える服装をしなければどの角度から撮られても極端に太って見えることはないです。

逆に太って見える服装をしていると角度によってはかなり太って見えることがあります。こんな感じです↓

f:id:inamililyflower:20191119193915j:image

 

・太って見える髪型をしない

上記と同じ理由です。

私の場合は頬がボテッとしているのでハーフアップにすると頬が強調されて顔が大きく見え、太って見えます。

 

・明るい色の服を着る

必ずしも明るい色の服でなくてもいいと思うのですが、天気が悪く写真が暗くなりがちな時は明るい色の服にしています。写真写りの良さって結構明るさにも左右されるのですが、曇りで写真が暗くなってしまうのは仕方ないです。そんな時に服の色まで暗いと余計に写真写りが悪くなる気がします。

 

 

自己満な記事でしたがお読みいただきありがとうございました^^