私の好きなものと、日々思うこと

動物とクラシック音楽と、コスメと読書が好きです。

断捨離

こんにちは、いなみです。

 

最近色々と断捨離をしてます!

ものが溢れてどこにあるかわからない、管理しきれないとストレスに。

昔は収集癖というか、ものをたくさん所有していないと不安で、たくさん所有すればするほど安心していました。

でも今はものを持ち過ぎない方が気持ちもスッキリして心が軽くなります。

ものをたくさん所有したら管理しなきゃいけない、でも自分が管理できる量は限界があるわけです。

以前の記事にも書いたのですが、服が必要以上にたくさんあるんです。衣装ケースの引き出しにぎゅーぎゅーに入っていたせいで出してみたらシワシワ、しかも引き出しに挟まって変な跡がついたり汚れがついてたり…たくさんありすぎるせいで一つ一つの管理が疎かになっています。

 

でも、ものをたくさん持つのが悪いことだと言いたいわけではないです。

ものを持たないことに価値を見出す人もいればものをたくさん所有することに価値を見出す人もいます。

たくさん所有していてもきちんと把握、管理が出来ているのならそれは素敵なことだと思うんです。

 

昨今はミニマリスト至上主義みたいなところがありますよね。確かにものが少なく暮らしは家も心もスッキリするし、私も断捨離しながら「使わないなら捨てなきゃ!手放さなきゃ!少しでもものを少なくしなきゃ!」みたいな強迫観念に追い込まれそうになりましたが、使わなくても必要ないかもしれなくても、手放したくないなら無理に手放さなくてといいのだと思います。大事にしたいと思ううちは持っててもいいんだろうなと思います。

 

f:id:inamililyflower:20191022233428j:image

最近読んでいるこの本にも「整理整頓できるマキシマリストは素敵」と書かれてました!

 

自分が管理し切れるか、大事にできるかどうかが私の断捨離の基準です。

一見必要なくても、そんなに使ってなくても自分が大事にしたいと思えば捨てません。

 

なるべくものが少ない暮らしが「理想的」かもしれないけど、時にはそんな理想からちょっと離れてもいいんじゃないかな、とも思います。

 

でも、要らないものや持っていてネガティブな気持ちになるものは潔く捨てます!!

 

上記の本ですが、ステキな大人の女性であるまめの考え方や振る舞いなどが書かれてます。自己啓発本…というジャンルなのでしょうが、いわゆる「引き寄せ」みたいなスピリチュアルな話ではありません。筆者が出会ってきた素敵な女性たちの振る舞いや行動、考え方が紹介されているという感じです。様々な経験をして歳を重ねた著者だからこそ言葉の重みがある感じがします。

自己啓発本って自分に合わないものも多かったのですが、こちらの本は私に合っていて内容がすっと心に入ってきて、何度も読み返したいお気に入りの一冊になりました^^

 

お読みいただきありがとうございました。